【今すぐ試したい!】Facebookの最新手法、マルチプロダクト広告とは?

2014.12.04. by GMO-PG 集客支援部


2014年6月にFacebookがリリースした最新手法 ”マルチプロダクト広告”。
今年度中には実装、といううわさなどなどありましたが、
ついに!使えるようになりましたのでご紹介します。

最新手法の”マルチプロダクト広告”とは??

▼これまでのFacebook広告は、広告枠に静止画もしくは動画が固定されている仕様でした。

図8

”マルチプロダクト広告”は、複数の画像がスライド形式で表示されるというもの。
最大3パターンの画像を表示させることができます。

図1

なるほど、クリテオのようですね・・・!

デバイスはというと、パソコンでもモバイルでも表示されます。
スマートフォンの場合は、フリップすると画像がスライドし、
パソコンの場合は、左右に< >なボタンが表示されるので、
クリックするとバナーがスライドします。

このマルチプロダクト広告の何がいいの??

実際にこれまでの静止画Facebook広告とどう違うのか、
弊社を実験台に、広告を出してみました!

▼これまでの広告で配信
図5

▼マルチプロダクト広告で配信
図1

結果、なんと、、、
無題3

コンバージョン単価(CPA)が80%も低下!!! 驚異の結果となりました!
クリック率も約2倍に伸びております。まさに超いいね!!!

マルチプロダクト広告、恐るべし。

配信するには、何が必要??

これまでのfacebook広告と同様に、
バナー・広告文・リンク先 (+Facebookページ)が必要です。

  1. バナー ×3
  2. サイズは600*600です。
    これまでのFacebook広告のバナーサイズとまったく異なるため、要注意。

    3商品を紹介するもよし。
    1つの商品を3方向から撮影した写真を使うもよし。
    マルチプロダクト広告が生きるか死ぬかは、あなたのセンス次第かもしれません。

    また、これまでどおり、「文字量20%ルール」も適用されます・・・!
    こちらも要注意。

    文字量が20%を超えているかを確認するには、こちらのツールを使いましょう。
    リンク先をブックマークしておくと大変便利です。

    ▼グリッドツール
    https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay#_=_

  3. 見出し・説明文 ×3
  4. バナーに合わせた見出し・説明文を用意しましょう。
    文字数は、見出しが35文字以内、説明文が30文字以内です。

    図10

    説明文は、長いと切れてしまうようですね・・・
    PCですと15文字、モバイルですと13文字が、切れずに表示される文字数の限度のよう。

  5. リンク先 ×3
  6. バナー、見出し、説明文に合わせたリンク先を用意しましょう。
    もちろん、バナーとリンク先がマッチしていないと、コンバージョンにつながりません。

なんでGMOペイメントゲートウェイが解決するの?

ようやく本題ですが、弊社 GMOペイメントゲートウェイ 集客支援部にて
Facebookマルチプロダクト広告の取り扱いをスタートいたしました!

Facebookの広告APIを利用できる企業でのみ提供可能な広告手法のため、
インハウスでの利用はまだできません。
ご利用いただくには、弊社含めマルチプロダクト広告を提供できる企業に
依頼する必要がありますが、
まだ日本では3社でしか提供できていない、大変レアな広告手法なのです・・・!

*Facebook APIとは。
https://www.facebook.com/help/187513601300386

GMOペイメントゲートウェイ版 マルチプロダクト広告のウリ

「マルチプロダクト広告、試してみたい・・・!
でも自社だけではできないことは理解した。
じゃあ、どこに依頼すればいいの??

・・・・・ぜひ弊社にお任せください!!!

そのワケは、とにかく安いから。
通常通りの料金体系である、「広告出稿実費+手数料」に加え、
ツール利用費5万円のみという
国内最安値のご利用料金で提供します。

無題3

もうひとつのワケ。
コンサルタントが優秀だから。(自画自賛)

運用アカウント数日本一と評価いただき、
Facebook社主催のコンテストで優秀賞を受賞経験もある
運用ノウハウを、惜しみなくご提供します。

図7

お問合せはこちら

さあ、ここまで読んでくださった方は、最新手法マルチプロダクト広告を試したくて
うずうずしているはず。

お問合せはこちらをクリック!

The following two tabs change content below.

    
すべての人にインターネット
関連サービス