【保存版】GDN・YDNのバナーサイズ一覧(2018年1月更新)

2018.01.15. by 広畑 希


 

Web広告で使用する広告の種類のひとつ、バナー広告。

バナー広告を作るうえで、まず考えるのはサイズですね。
毎回バナーサイズを調べていませんか?
私はよく調べては忘れを繰り返しています。

そんなわけで今回は、毎度毎度バナーサイズがわからなくなる皆様のために
GDNとYDNのバナーサイズをまとめてみました!

バナーサイズ

★:オススメ!

サイズ GDN YDN
PC SP PC SP
300×250
600×500
336×280
728×90
160×600
468×60
320×50 ○(GIF可)
640×100
320×100
640×200
250×250
200×200
300×600
120×600
240×400
970×90
970×250
300×1050
300×300
1200×628
180×180

 

レスポンシブ

サイズ GDN YDN
横長 1,200×628推奨
※600×314以上
1200×628
正方形 1,200×1,200推奨 300×300

※GDNの画像内における文字部分の面積20%以下

拡張子

・.JPEG
・.JPG
・.PNG
・.GIF

GDN・YDNのおすすめ紹介

GDN・YDNともにたくさんサイズはありますが、
その中でも★をつけたおすすめサイズをご紹介。

■GDN

バナーサイズの主流が、「300×250」から「336×280」へと
シフトしています。これはアドセンス側の広告枠でこのサイズが
一般的となったからです。
迷ったときはこの「336×280」を準備しましょう。

■YDN

2017年より追加された3サイズをおすすめします。
□従来→新規追加
「300×250」→「600×500」
「320×100」→「300×200」
「320×50」 →「640×100」
と従来のサイズの2倍になっています。
入稿したらスマホでどのように表示になるの?と不安な方は
画像広告のスマートフォン表示シミュレーターを使ってみてください。

 

まとめ

いかがでしょうか。サイズたくさんありますね。

とりあえずサイズで迷ったら、★のサイズもしくは
レスポンシブ広告を使うのがおすすめです。

今後もGDN・YDNの広告画像の推奨サイズ設定を変更したり、
アップデートがあったりした際にはこちらのページでお伝えしていきます!

Twitter広告のバナーサイズ一覧はコチラ

The following two tabs change content below.
広畑 希

広畑 希

集客支援コンサルタントに加え、大学時代の映像制作経験を活かし 静止画・動画などのクリエイティブ制作も行う。人材系、コスメ系の大手クライアントを担当し、運用力とクリエイティブ力で成果を上げ続ける期待の若手コンサルタント。 ※Google Adwords上級ライセンス保持者。

    
すべての人にインターネット
関連サービス