【第3回】GMO-PG集客支援部の人を紹介してみる

2016.09.30. by 池谷 優憲


さて、3回目となった今回は集客支援部というチームにどんな人が働いているのか少しだけご紹介したいと思います。

とはいったものの、好き勝手にメンバーのことを書くのには抵抗があるので自分のことを紹介します。
いわゆる、自己紹介です。

池谷、ポケモンと出会う

改めまして、私は大阪のチームを取りまとめている池谷(いけや)と申します。
生まれは1989年なのでポケモンが初めて登場した1996年は小学校に入学した年でした。

12月のクリスマスにサンタさんからポケモン緑をプレゼントしてもらって、小1の冬休みはずーっとポケモンやってましたね。
終業式の朝礼で並んでいるとき、興奮気味に「家帰ったらポケモンやる!」と話していたのを今でも覚えています。校長の話は中身は覚えてません。

そうです、バリバリの“ポケモン世代”です。
pokemon_green
他にゲームボーイのカセットは持っていなかったんでひたすらにポケモンマスター目指してました。

そんな感じだったので

野生のポケモンを「捕まえる」
図鑑完成の為に「集める」
技を覚え、進化させるために「育てる」
ジムリーダーやトレーナーと「たたかう」

といった行動をポケモンというゲームの中で“これでもか!”といわんばかりに繰り返していました。(全シリーズの総プレイ時間は1000時間を超えているでしょう…)

ふと思い返すとポケモンによって叩き込まれたこれらアクション(基本行動)は現職でも多いに役立っています。

だって、

WEB広告に困っているお客様を「捕まえる」(営業活動)
サイトへたくさんのユーザー、アクセス数を「集める」(広告運用)
アクセス解析をベースとした改善を行ってサイトを「育てる」(コンサルティング)
お客様からの信頼を勝ち取る為、競合他社さんと「たたかう」(コンペに参戦)

まさに今、“集客支援部”のコンサルタントとして日々向き合っている業務と完全に被ってます!
こんな所でも“ポケモン”と“集客支援部”が繋がっていたとは…新しい発見です。

ポケモン×集客支援部

しかし、周りを見渡すと部内では「ポケモンGO」にハマるメンバーが多かったのですがその理由が解明された気がします。
pokemonGO
この部署で働いている人間は潜在的に「捕まえる」「集める」「育てる」「たたかう」といった行為が好きなんですね。
改めてこのチームのメンバーに親近感を覚えました。(ほっこり)

とはいえ、集客支援部には大きなミッションがあります。

「お客様の売上げを増やし、ビジネスを伸ばす」

ポケモンGOばかりをやっている訳ではありません。

我々の主戦場、WEB業界では変化のスピードが速く、新しいツールがどんどん登場します。
“お客様のビジネスに本当に役立つものはなにか”といった本質を見極める必要があります。
リスクがあっても「それに見合ったリターンがある!」と感じれば果敢にチャレンジします。

そういった

「スピード」&「クオリティ」&「チャレンジ」

を高い次元で実現する人財でなければなりません。

あなたの応募、待ってます

ここで連載の趣旨に立ち返りますが我々が多くのお客様をサポートする為にはもっと「優秀なメンバー」を必要としています。(ポケモン風に言えばGET)

今回の連載を読んだ結果、

「あ、GMO-PGの集客支援部で働きたいかも」

と思う方は挙手していただいても良いでしょうか?
…はい、手が挙がらなかった方にも

「優秀で愉快な仲間をもっと採用したい」
「業務に対しては真剣だけどお茶目な一面もある人だって働いてる」
「“ゆる記事によるイメージの低下”リスクをとって、応募というリターンを得る!」

そういった熱い想いが少しでも伝われば幸いです。

最後になりますがこちらの動画を紹介したいと思います。

老若男女が熱狂しているポケモンGO、いま実装されている機能は最終的なゴール・やりたいことのたった1割程度だそうです。

※参考記事 ケータイwatch 「Pokémon GO」が生まれるまでの物語、ナイアンティックとポケモンに聞く

世の中がワクワクするようなまだ見ぬサービスの発展をお手伝いし、より良い社会を実現したい!という熱い気持ちを持ったポケモン仲間とお会いできる日を楽しみに待っています。

ではでは。

==============================
<採用情報> (※採用サイトGreenへ別タブで飛びます)

▼解析はこちら
▼コンサルはこちら
▼コンサル(大阪)はこちら
▼コンサル(海外)はこちら

==============================

The following two tabs change content below.
池谷 優憲
人材紹介会社にて自社リスティング運用を2年担当。2012年、GMOペイメントゲートウェイに入社後は主にFacebook、リスティング広告を活用し、弊社決済システムをご利用のお客様向けに売上アップの施策を提案。 2014年にはFacebook社が主催したSMBアカウントサポートキャンペーンにて約900社の代理店の中より優秀賞を受賞。

    
すべての人にインターネット
関連サービス