RSS ブックマーク twitter Facebook

2018.09.19 平野拓也

サイト改善・解析

Googleアナリティクスのアカウント・プロパティ・ビューの役割

The following two tabs change content below.
平野拓也

平野拓也

3年間SIerでWebアプリケーションの設計/開発を行った後、GMOペイメントゲートウェイに入社。現在は、データ設計・Web改善コンサルを行っている。※ウェブ解析士/GAIQ/GoogleAdwords広告検索・ディスプレイ認定資格 保有

はじめに

Googleアナリティクスを使うには、まずアカウント構成をしましょう。

階層について

Googleアナリティクスの設定画面に行くと、左から順に「アカウント/プロパティ/ビュー」と分かれています。

この3つが分かれているのには理由があります。その理由を押さえてアカウント構成しましょう。

アカウント

アカウントはアナリティクスに使用するための入口で、最上位の階層となります。

アカウントはむやみに増やすものではありません。基本的に1つあれば問題ありません。

1つのアカウントでどうしても運用が難しい場合などに限って、追加するようにしましょう。

使用イメージ:「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」

プロパティ

プロパティは、異なるWebサイトやモバイルアプリなど、分けて計測したい場合に使用します。

サイトを新しく立ち上げた!アプリを作った!といった場合に、追加するようにしましょう。

使用イメージ:「コーポレートサイト」「グロラボ」

※トラッキングIDはプロパティごとに生成されますのでご注意を。

 

 

ビュー

ビューはプロパティで計測したデータを表示する際に使用します。

実際には、プロパティにある条件で制限をかけて絞ったデータを表示します。

※ビューは作成前の過去のデータは含まれませんので、ご注意を。

使用イメージ:「すべてのウェブサイトデータ」「スマートフォンからのアクセスのみ」「特定IPアドレスの除外」

最後に

アカウント構成は、サイトを分析するうえで重要なポイントとなります。

各階層の意味をしっかりと理解して、Googleアナリティクスを活用しましょう!

 

Google Analytics解析サービス